保護猫な日々

保護猫(主にミルクボランティア)との日々の日記です

あさちゃんが来ました! & 3匹の子猫!!!

f:id:nekomanma222:20210628105005g:plain 賛助会員のTさんが、茶トラの子猫が一匹で鳴いているのを保護してくださいました。

 

f:id:nekomanma222:20210628110453j:plain

母猫とはぐれたのでしょうか?

体重は378グラムですが、自分では食べられずロイヤルカナンのムースを少しずつ、上あごにすり付けるようにして与えたり、ミルクもシリンジで飲ませています。

ウイルス検査も出来ない時期なので、3匹とは別の時間に食事を与えるようにしています。

ウンチも夕方にコットンでポンポンと刺激をしたら、ビックリする程、排泄しました。

その後は自分で出来ています。

仮の名前は、季節的にも麻(リネン)の服が涼しくて大好きなのと、朝を無事に迎えられますように…と言う願いを込めて「あさ」と名付けました。

無事に育ちますように!

 

           f:id:nekomanma222:20210430103051p:plain

 

ナナ・ルル・ショーンと眼の悪い3匹の子猫達。

ナナ・ショーンは見た目にはとても綺麗になりました。

獣医さんの指示で、まだ内服薬を服用しているルルとはケージも分けて2匹で過ごしています。

 

 

f:id:nekomanma222:20210628112203j:plain

f:id:nekomanma222:20210628111320j:plain

もともと、ちょっぴり気の弱いショーンとナナは相性も良くて、気が付くと2匹で猫

ベッドに入って寝ていたりします!

ナナの左眼もよく見ると薄く膜がかっているのに気づきますが、両目共に見えているので、手術等の治療は必要ないとの事です。

 

f:id:nekomanma222:20210628112257j:plain

ルルは両目共に失明と言われて、サードオピニオンで通院している「川西池田いぬとねこの病院」で、左眼の視力は回復する可能性が高いと言われています。

気が強くて、眼が悪くても元気一杯です。

抱っこすると、喉をグルグルと鳴らして大喜び。

好奇心も旺盛で、大好きな猫じゃらしをいろんな所にくわえて持っていってしまい、ケージに戻してから必死に探しています。

 

f:id:nekomanma222:20210628112539j:plain

我が家に来てから1週間位の頃。目が大きく腫れてふさがってしまっていました…

ルルは、まだまだ治療が必要になります。

「ん? ってことは『ルルちゃん闘病記』になるのだろうか?」なんて思っています。

  f:id:nekomanma222:20201127202311g:plain